2011年11月アーカイブ

スモークサーモン

| トラックバック(0)
岩渕です。
先日デンマークのとあるスモークサーモン工場を見学してきました。
4時間のみの滞在という弾丸出張でしたが、
いいものを見させていただきました。
 
ちょっと前に日本で流行った「うんちく」みたいな感じですが・・・。
オランダ(もちろん日本でも)のスーパーで普通に売られている
大量生産用のスモークサーモンって、 
スモークする前にサーモンに塩水を注射器みたいなので、
サーモンに注入してたって知ってました?
インジェクションと言うそうです。
 
理由は大きく以下の2点です。
 ①歩留り(重量)をよくするため
 ②塩につける時間短縮
 
①スモークすると魚の水分が少なくなるため、重量が軽くなります。
 なので、軽くなるのを想定して水分を足しておくんです。
②塩につけると3時間以上寝かす必要があるそうです。
 ですが、インジェクションだと数分で完了です。
 
今回見学させてもらった工場はそういう大量生産用と
昔からの伝統的な製法(インジェクションを使用しない方法)と
両方作っていたので、比較して見ることが出来ました。
実際、昔からの方法だと3倍程度時間がかかるそうです。
それが価格・コストに跳ね返ってくるので、
スーパーで安く売られているものはインジェクション・スモークサーモンなんですねぇ。
 
で、「味は?」というと、全く違いました。
めちゃくちゃ美味しかったです。
多分僕が今まで食べてきたスモークサーモンは全てインジェクションだと思います...。
大量生産品と比べると、味が凝縮しています。
塩水を注入していないので、塩気は若干薄めですが、
サーモンの旨味がギュッと詰まった感じです。
スモークの香りもしっかりついています。
将来的にはうちのメニューにも加えたいなぁという食材でした。
 
今回のオランダ生活情報セミナーで、
「本物のスモークサーモン」(本物というと少々語弊がありますが・・・)を
味見して頂きます。
本当はそのままの状態で召し上がっていただきたかったのですが、
何もしないのも芸がないので、
フレンチ風のソースをからめてお召し上がり頂きます。
ご参加される方は楽しみにしていてください。

新しい仕事

| トラックバック(0)
元店長の岩渕です。
店長を退いた後、先週面白い仕事をさせてもらいました。
(これが本業になったわけではありません、念のため)
(僕がやろうとしている、次の事業はもっと別です)
 
今回させて頂いた仕事というのはコーディネート業です。
と、聞いても、仕事を頂いた僕自身が
コーディネート業というものをよくわかってなかったのですが・・・。
 
たまたまテレビ関係の会社で働いている大学時代の後輩から、
「来年のロンドンオリンピックに向け、
日本の正月番組で柔道特集をすることになりました。
で、あるオランダ人選手にインタビューをしたいので、
オランダにいるコーディネーター知りませんか?」
という連絡がありました。
 
そもそもコーディネーターとは何か知らなかった僕は
「コーディネーターって何?どんな仕事?」と聞いたところ、
彼からは「選手へのインタビューのアポ、通訳・翻訳等々」と説明されたので、
「それぐらいやったら俺やろか?」というところから、
この仕事は始まりました。
 
幸い、その柔道選手は個人のHPを持っており、
マネージャーもいたので、彼にコンタクトし、取材許可に成功。
で、11月の初めにインタビューに行ってきました。
彼はDex Elmontという選手で、今年と昨年、世界柔道で惜しくも銀メダル、
いずれも日本人に敗れている選手です。
話してみると、すごく気をつかう、めちゃめちゃ真面目な青年でした。
 
更に、それだけ強い選手なので、柔道一筋かと思いきや、
WTC近くのVU(アムステルダム自由大学)で、
お医者さんになるべく勉強しているんです。
 
単純に「すごいなぁ。めちゃめちゃ努力してるなぁ。」
とインタビューそっちのけで感心し、
僕は彼の「日本人ファン」第一号(おそらく)になりました。
来年のオリンピックでは日本人も頑張ってほしいですが、
是非とも彼も頑張って念願の「金メダル」とってもらいたいです。
皆さんも彼の応援よろしくお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。